お客様と肉体関係を持つ営業手法


キャバクラ嬢として働いているなら「枕営業」という言葉は当然知っているはず。
夜のお仕事をしていない人でも、きっと知っていますよね。
それくらい知名度で言えばとても高い営業スタイルなのですが、これはズバリ、お客様と肉体関係を持つことを言います。

キャバクラであれば、キャバ嬢の女の子が男性のお客様とエッチな関係になること、それが枕営業。
どのお店にも、この営業方法を実践している女の子がいるのではないでしょうか。

お店として推奨しているところは、まずないでしょう。
普通のキャバクラ店なら、そんなことを強要したりはしません。
でも、キャバ嬢は男性のお客様と連絡先を交換したりもしますし、お店の外で会って何をするかはお店は感知できないのでお客様と肉体的な関係になってしまっていることも十分に考えられます

色恋営業の延長線上に、この枕営業があることもありますね。
色恋営業だけではお客様をつなぎとめておくことができなくなったと感じたキャバクラ嬢が一線を超えて、そのお客様をつなぎとめておこうとするわけです。

最後までやってしまう女の子もいれば、とりあえず途中までで男性に我慢をしてもらうという形にしている女の子もいます。
このあたりの判断は、2人の関係性次第でしょう

手っ取り早く指名をゲットできます


なぜ好きでもない男性のお客様と肉体関係を結んでしまうのか?
それは上でも少し書きましたけど、お客様としてつなぎとめておくことができるからです。

一度エッチなことをしたら、男性は何度でも関係を結ぼうとしますよね。
そのためにはお店に行ってお目当の女の子を指名して、そしてたくさん注文したりしなければいけなくなります。

キャバクラ嬢側としては、エッチをするだけでそういうお客さんを何度もお店に連れてくることができるわけですから、言ってみればwin-winの関係を作れるわけです。
これが枕営業をするメリット。

指名も取れるし、その指名を取り続けることもできる。
駆け引きをうまく行えば、来店してもらう頻度やお店で使うお金を少しずつ増やしていくこともできる
枕営業のメリットはこんなところにあるわけです。

中には、おしゃべりが上手くなくて、どうアピールしたらお客様から人気が出るのかわからないと悩むキャバクラ嬢もいるはず。
そんな女の子でも、枕営業をしてしまえば一発で指名が取れてしまいます。

能力がなくてもお給料を増やすことができるところも、この営業手法のメリットとして挙げられるでしょう。