色恋営業と比べるとキャバ嬢の収入に直結しにくい


男性のお客様とお友達のような関係で振る舞うことができる友達営業は、キャバクラ嬢が仕事をする上でとても楽なスタイルなのですが、デメリットが全くないわけではありません。

色恋営業は恋人のように振る舞う営業スタイルのこと。
だから男性のお客様も勘違いをし、お店にもたくさん足を運ぶしキャバクラ嬢にもたくさんお金を落としてくれるのですが、友達営業の場合にはそれほど売り上げアップには直結しないんです。

「時間もあるし、お給料も入ったから、ちょっと会いに行くか」くらいの感覚でしか訪れてくれない人が多いので、例えば毎晩のように来てくれたり、たくさんのお酒を注文してくれるなどもない点が友達のような関係を築くことのデメリットでしょう

売り上げや収入に直結しにくいと、徐々に友達のような関係を演じるのが疲れると感じることも出てきます。

演じているのではなく、本当に友達のように気楽に話すことができて、定期的にお店に来てくれるようなお客様ならいいのですが、無理をして友達のように振舞っているのであればこの関係性に疑問を持ち始めるのも時間の問題。
色恋営業で稼ぎまくっている同僚のキャバクラ嬢が羨ましく見えてきてしまうかもしれません。

お客との距離感を保つのが意外と難しい側面も


自分は友達営業をしているつもりでも、相手の男性客が勘違いをし、キャバ嬢という事を忘れて恋愛感情を持ってしまったらどうでしょうか。
実際にこういうことは少なくありません。

ある程度の距離感を保ちながらお客様の足をお店に向かわせることができる。
それが友達営業のいいところですがその距離感の取り方が実に難しい。

それがこの営業スタイルの一つのデメリットと言えそうです。

日常生活でもよくありますよね。
やたら仲良くしてくれるから「自分のこと好きなのかな?」と勘違いしてしまうことが。

相手に勘違いさせずに接客をするのには、それなりのテクニックが必要です。
相手のことをしっかりと見極めた上で距離感を調整することが求められるでしょう。

色気や露出、過剰に甘えたりなどのテクニックを駆使して来店してもらうことが難しいのもデメリットの一つ

そもそもキャバクラ嬢はこういう部分を武器にしてお客様を惹きつけるのが一つの手法なわけですから、それが使えないとなるとやはりたくさん来店してもらってたくさんお金を落としてもらうのが難しくなってしまうでしょう。

友達関係は成功すれば非常に楽な営業スタイルといえますが、相手によって近づき方を変えるなどの工夫も求められるので、キャストは常に気を遣いながら関係性を築くことを意識しなければいけません