女を武器にした営業には限界があります


恋人関係を装いお客様をつなぎとめておく色恋営業
そして、体の関係を結ぶことで指名を獲得したり売り上げを上げたりする枕営業

女の部分やカラダを武器にしたキャバクラ嬢の営業スタイルにはいくつかの手法があります。
しかし、基本的にこうした色恋や枕は長く続かないと思っておきましょう

色恋営業に関しては、男性が肉体関係を求めてくることも出てきますし。
また、本当に付き合っているわけではなく、キャバクラ嬢にはその気も全然ないと男性に気づかれてしまったら一気に関係性は冷え込み、指名もしてくれなければ売り上げアップにも貢献してくれなくなります。

枕営業も同じ。
飽きられて捨てられる可能性がありますし、お店の他のキャストの女の子に枕をしていることがバレれば立場が危うくなってしまうことも珍しくありません。

これらの営業スタイルは、言ってみれば綱渡りなんです。
上手くいっている時はいいけど、ダメになったら急激に売り上げも収入もダウン。
相手の男性の要求がどんどんエスカレートしていくから、それに耐えられなくなったりごまかせなくなると、こちらの体も心もダウン!なんてこともあるでしょう

巷のキャバ嬢がよく話している「色恋や枕は長く続かない」というのは、こういうことが理由になっているんですね。

ハッキリと断ったり距離を置いたりしてみよう


もし色恋営業や枕営業に手を出してしまって、今後どうしていけばいいのかわからなくなっているキャバクラ嬢の女の子がいたら今すぐに友達営業へと変えてしまいましょう

友達営業は、色恋や枕と比べると売り上げアップにはなかなか繋がらないという難点はあるものの、継続性が高く気も楽なのでストレスが溜まりにくいというメリットがあります。

友達営業へ変える方法は、嫌なことは嫌だとハッキリと断ること、そして、距離を置くことです。

「ホテル行かない?」などと言われても、「それはできません」とハッキリと断りましょう。
そのあとで、「そういう関係になると本気で好きになっちゃいそうで…」などとフォローできれば完璧!

連絡の頻度も落として、相手に連絡をさせるようにするのも効果的です。
「とにかく一緒に楽しく過ごしたい!」ということを強調し、徐々に友達感覚で会えるように持っていきます。

相手の男性が自分に魅力を感じてくれていれば、それでもキャバクラ店へと足を運び、楽しく飲んだりしゃべったりして過ごしてくれるでしょう。

男性客が離れて行ってしまったらそれはそれでしょうがない、そういう思いで取り組むことも友達営業へ変える方法を実践するときのコツ
そうしないとズルズルと色恋・枕営業をしてしまい、ドツボにはまってしまいます。

抜け出すためには、思い切ってハッキリと断ることや距離を置くことが重要であると認識しておいてください。