恋人のような関係性をうかがわせる手法です


キャバクラ嬢が男性のお客様に対して行う営業方法の1つに、「色恋営業」と呼ばれるものがあります。

文字を見ただけでもなんだかエッチな雰囲気が漂っていますが、これはお客様と恋愛関係や恋人関係にあるような雰囲気で接する手法のこと。
必ずしも枕営業を伴う営業スタイルではありません。

例えば、「好きかも」と言葉に出して伝えてみたり、言葉に出さずともスキンシップを図り、相手に「オレのこと好きなのかな?」と思わせるような、そんな振る舞いをする営業スタイルを言います。

メールや電話、LINEなどで連絡を取るときにも、「早く会いたいなー」「二人で遊びに行きたいね」などと、まるで恋人のような言葉で相手をその気にさせることもこの営業スタイルの王道のやり方。

会っているときは2人だけで通じるようなニックネームで呼び合ったり、お互いに相談に乗ったり、もし相手の男性が他のキャバクラ嬢と話そうものならヤキモチを焼いてみたりなど、これも実際にお付き合いしているのではないかと相手に思わせるのにとても有効なテクニックとなるでしょう。

こうしたことを通して男性をその気にさせて恋人気分を味わわせるのが、色恋営業と呼ばれるスタイルです

売り上げアップが期待できるのが色恋営業


「もしかして、オレたち付き合ってる?」と、相手の男性客が思ってくれたら、この営業スタイルが成功したことになります。
男性はきっと勘違いをし、彼女(と思い込んでいる)のキャバクラ嬢に対して、たくさんお金を使おうとするでしょう。

当然ですよね。
自分がお店に足繁く通うことで彼女(と思い込んでいる)が喜んでくれれば、稼いだお金をたくさんつぎ込んでもOKという考えに至るのが男性というもの。

彼女だと思い込まなくても、もしかしたら今後彼女になってくれるかもしれないと男性が思ったら、やっぱりこれもお店に訪れる回数が増えることになるでしょう。
1回の支払いも増えるはずですし、女の子にとってはまとまった収入を得ることができるわけです
これが色恋営業の一番のメリット。

この営業スタイルは、とても楽である点もメリットの一つです。
彼女っぽい振る舞いをすれば男性客が勘違いをしてくれてお金を落としてくれるわけですから、さほど高度なテクニックは必要としません。
恋人同士がするような行動や行為を自然と行えればいいので、恋愛経験があれば誰でもすぐに結果を出すことができるでしょう